スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
手術前に用意したもの。
①まずは日程の調整。

2泊3日の入院治療で、翌日にはもうデスクワークならOKとの事でしたが、さすがに退院翌日に仕事は・・・と思い、1週間は休めるようなスケジュールにしました。
私が治療入院した病院は、火曜入院、水曜手術、木曜退院だったので、金曜まで休みにしてもらいました。
(結果、金曜はだるいし、クラクラするしで休んでよかったと思いました)
3日もほとんどベットの上で過ごすのですからね、体力も無くなるってなもんですw


②費用 

簡単だとは言え、心臓の治療です。
入院治療の金額は3割負担でも36万は自己負担でした。
なので、病院側から限度額適用認定証を用意してくださいと言われました。
交付手続きなどは、各国民健康保険や協会けんぽ、健康保険組合に問い合わせしてみてください。
私は自分の健保組合のHPから申請書をプリントアウトし、記入して送ったら1週間くらいで認定書は届きました。


③加入している保険の給付金の申請書

保険によっては出ない場合もありますが、カテーテル治療(手術)でも給付金はでるみたいです。
私はかんぽとアフラックに入っていたので、両方に問い合わせて出るかどうか確認しました。
かんぽは郵便局で直接、アフラックは電話で。
かんぽでは証書を窓口に持っていき、確認して用紙を戴きました。
アフラックは病名、手術の内容など伝えた上で用紙を送って戴きました。
証書番号など必要になるので手元に用意するといいかも。


④あとは・・・・

入院時に必要な持ち物位かな?
印鑑、洗面用具、パジャマ、下着などなど。

入院中に持っていって良かったのが、ブラカップ付きのタンクトップ。
レントゲンの時もそのまま撮れるし、普通のキャミやタンクだけだと心もとないけど、ブラだと外したりするのがメンドイ。
私は3日間これの上にパジャマを着て過ごしました。
帰りも楽だしね~。

音楽を聴くウォークマン?(私はSONYのやつ)も役に立った。
暇なとき音楽聴けるし、テレビ用のイヤホンとしても使えるし。
私意外と神経質wで、同室の人のいびきとか、物音で眠れなかったので・・・。

携帯はメールなら自分の部屋でOK、電話は所定の場所ならOKでしたので持って行って終始電源ONでOK。
充電器は必須でしたwすぐ充電無くなっちゃう。暇だからずっといじってたし。

1日目は入院して、採血、心電図、心エコー、レントゲン以外はなにもなく、終始何してもOKだったのでふらふら歩いたりもしてたし、それ以外は、雑誌、本(申告関係のもの)とか読んだり、編み物とかしてた。

編んだもの ← これ編んだ。まだ糸処理してないけど。
|private | comment(0) |
comment
comment posting














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。