スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|スポンサー広告 | |
暗い話ばかり。
お久しぶりです。

厄年真っ最中のせいか、暗い話ばかりでございます。

父の弟が7月に癌で亡くなりました。進行性の癌でした。
やっと落ち着いた・・・と思った今月、今度は実父が癌だとわかりました。
盲腸癌です。
9月3日に発見し、9日に検査、そのまま入院し12日に手術でした。

大腸の一部と虫垂、小腸にも侵出していた為、小腸の一部も摘出。
取り除かれた癌はめちゃくちゃ大きかった。
盲腸よ、よくぞ破裂しないでいてくれた・・・と感心してしまいましたw
今のところ遠隔転移は無く、経過も順調で23日に退院しました。

母も私も気が気ではなかったのに、当の本人は術後2日目に
「癌じゃなかったんだろ??」などとほざきました。
3日のクリニック受診で癌だって言われてんだろうがっ!!

家族が癌になるというのは本当に気持ちが沈みます。
母も告知された日はお葬式の夢を見たそうです。
私もがん専門の検診センターに勤めているので、知識などは少しあったけど、
やはり知らされて2、3日は夜や一人の時は涙が止まらなかったです。
ネットで調べると、盲腸癌は発見された時は手遅れ・・・とか、腹膜まで行ってて、余命何カ月になるとか。
そんな情報しか出てきませんでした。
とても精神的に辛かった。
私の家族にはそんな思いをさせたくない。
大腸の癌などは40歳から増えるそうです。
うちの検診でも、対象は40歳の方です。
子宮頚がんや、乳がんなどはもっと早い時期から調べなくてはいけないけど・・・

親族に癌にかかった人がいる方は、癌になる確率が高くなるそうです。
検診は痛いし、高いし、面倒だけど、やっぱり受けた方がいいと思う。
今はカメラのサイズも小さくなっています。
(うちの所は胃の内視鏡が9mm、大腸が12mmだったかな?細くなっているようです)

私も40歳になったら検診を受けようと思います。
今日は子宮頚がんの検査をしてきたよ。

さて、暗い話ばかりではなく、明るい話も。
ずいぶん前の話だけど、息子が書いた消防車の絵が消防署長さんに気に入られ、入賞したんです!
全校生徒(まぁ、1学年1クラスだから少ないんだけど)の中から4人が選ばれました。
親ばかと言われてもいい!すんごく嬉しかった。
区役所にも飾られました。
ここ最近暗い話の中で、一番輝いた出来事でした(笑)
こういう事がたくさん続いたらいいな。

次回の更新時には明るい話が増えていますように・・・。

石鹸も早くつくらなくっちゃ!
冬の石鹸だよな・・・あぁ、1年は早い。
スポンサーサイト
|その他 | comment(3) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。